交換修理になるケース

交換修理になるケース

交換修理になるケース スマホは常に持ち歩くアイテムなので、不注意で落下させてフロントガラスが割れたり、水濡れや水没で故障することがあります。
古い機種であれば故障を機に買い替えてしまうという方法もありますが、買ってから間もない場合は修理を依頼することになります。
携帯ショップにスマホ修理を依頼すると、本体の破損した部分を修復して返却されるか、同じ機種の未使用品と交換される場合の2通りが考えられます。
スマホ修理を依頼して本体が修復されて戻されるのは、フロントガラス・液晶ディスプレイ・ボタン(iPhoneのホームボタン)の破損とバッテリーの劣化のみとなります。
ディスプレイ・ボタン・バッテリー以外の故障については修理作業が行われず、未使用品との交換修理となります。
いずれのケースも修理後は工場出荷時の状態に戻されるので、ストレージに保存していたアプリやデータは全て消去されてしまうので注意が必要です。
このため、スマホ修理を依頼する前は必ずデータのバックアップを保存するようにしましょう。

水没したスマホ修理を復旧させることは出来るか

水没したスマホ修理を復旧させることは出来るか うっかりスマホを水没させてしまった場合、すぐに電源を入れてデータが無事かを確かめる人がいます。
しかし、スマホ修理の観点からすると、この行為は良くありません。
水没してすぐに本体に通電させると、本体内部の細かい部品や精密機器が化学反応を起こし、漏電や破損する可能性があります。
ドライヤーなどで乾燥させる行為も危険です。一番安全なのは出来るだけ早急に、スマホ修理のお店に持ち込む方法と言えます。


スマホ修理のお店によって、修理費用は異なります。
あらかじめ見積もりが可能なお店もありますので、費用やサービス内容を比べて納得のいく修理店に依頼しましょう。
費用があまりにも安い場合や、時間が短い業者は一見良さそうに見えますが、交換するパーツが安価なものだったり、何度も故障を引き起こす可能性があります。
長い目で見て、きちんと対応しており、スマホ修理以外にもタブレットなどの故障に対応している業者に任せるほうが安心と言えるでしょう。